EV化へ向け最後の大幅改良...マセラティ「クアトロポルテ」開発車両をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

EV化へ向け最後の大幅改良...マセラティ「クアトロポルテ」開発車両をスクープ!

マセラティのフラッグシップ・4ドアセダン『クアトロポルテ』がビッグマイナーチェンジを受ける。改良新型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型(スクープ写真)
マセラティのフラッグシップ・4ドアセダン『クアトロポルテ』がビッグマイナーチェンジを受ける。改良新型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

「4」を意味するクアトロと、「扉」を意味するポルテを組み合わせ、4ドアを表すクアトロポルテは、1963年に初代がデビューした。6代目となる現行モデルは2013年1月のデトロイトモーターショーで発表。同年4月、日本には『クアトロポルテGT S』が導入されている。

発売から7年が経過、2017年には改良新型が発売されており、フルモデルチェンジしても良いタイミングだが、その前に最後の大幅改良となるようだ。

先日スクープしたばかりの『レヴァンテ トロフェオ』や『ギブリ』とは異なり、フロントエンドに厳重なカモフラージュが施されていることから、デザインが大刷新されることも予想される。おそらくバンパーやグリルを再設計するほか、ヘッドライトのグラフィックも一新、リアバンパーやテールライトもリフレッシュ、リアクォーターパネルの黒いテープの下には、「Qattroporte」バッジが隠されているはずだ。

キャビン内では、インフォテイメントシステムをアップデート、ウッドインサートやカーボンファイバートリムが取り付けられるという。

パワートレインは、最高出力424hpを発揮する3.0リットルV型6気筒エンジンと最高出力523hpを発揮する3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジン、最高出力271hpを発揮する3.0リットルV型6気筒ディーゼルエンジンなどがラインアップされるが、次世代型ではジャガー『XJ』同様にフルEV化されるとも噂されている。

マセラティは2021年にレヴァンテ、ギブリ、クアトロポルテのフルモデルチェンジを発表予定だったが2023年に変更されたため、2020年から2021年にかけて3台のテコ入れがなされるようだ。

EV化へ向け最後の大幅マイチェン…マセラティ クアトロポルテ 改良新型をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top