ホンダ シビック・タイプR次期型プロトをスクープ!ハイブリッド化で400馬力へ | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダ シビック・タイプR次期型プロトをスクープ!ハイブリッド化で400馬力へ

自動車 新車スクープ
ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
ホンダが世界に誇る、高性能5ドア・ハッチバック『シビックタイプR』の次期型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。シビックタイプRは今夏、現行改良モデルが発売される予定だが、今回スクープしたのはオールニューモデルだ。

初代シビックタイプRは、『NSX-R』、『インテグラタイプR』に続いて1997年に第三の「R」として設定された。その後2001年に2代目が誕生、2007年には3ナンバーサイズとなる3代目が登場した。

2015年の4代目では、ニュルブルクリンク北コースにて7分50秒63を記録。当時ルノー『メガーヌRS.275トロフィーR』のレコードを破り、量産FFモデル最速の称号を得た。現行型となる5代目は2017年から発売されており、5年ぶりにフルモデルチェンジを迎える。


捉えたプロトタイプは、全身ラッピングだけでなく、スタイリングを隠すために重要な部分にフェイクのバンプを施すなど、かなり厳重にカモフラージュされている。露出しているヘッドライトやテールライトもダミーの可能性が高い。

しかし、20インチとみられるY字タイプのホイール、ワイドフェンダー、ブレンボ製レッドブレーキキャリパー、巨大リアウィングなどからも、これが「タイプR」であることは間違いない。

リアエンドでは、トランクリッドスポイラーも装着、エキゾーストパイプはセンター1本出しだが、テスト用のシステムパーツの可能性があり、今後変化が見られるかもしれない。


キャビン内では、新しいステアリングホイール、インフォテイメントディスプレイ用のタッチスクリーンディスプレイ、フルデジタル・インストルメントクラスタなどの装備が予想される。

ホンダは、2025年までにすべての欧州モデルを電動化することを発表しており、タイプR次期型もハイブリッド化される可能性がある。パワートレインは、2.0リットル直列4気筒VTECターボチャージャー+デュアルモーターを搭載し、最高出力は400psを超えると予想。また『NSX』譲りのトルクベクタリングテクノロジーを流用するとも噂されている。

開発が順調に進めば、次期型のワールドプレミアは2021年内に行われ、2022年に発売されると予想される。

ホンダ シビックタイプR 次期型をついにスクープ!ハイブリッド化で400馬力、21年発表か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top