BMW 4シリーズ新型、5ドアに続いてクーペも市販型がニュル登場..288馬力のPHEVも設定か | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 4シリーズ新型、5ドアに続いてクーペも市販型がニュル登場..288馬力のPHEVも設定か

ワールドプレミアが直前とみられるBMW『4シリーズ クーペ』新型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始している。

自動車 新車スクープ
BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ クーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
ワールドプレミアが直前とみられるBMW『4シリーズ クーペ』新型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを開始している。

5ドアのグランクーペより先にデビューするとみられる2ドアクーペは、コンセプト4から継承する巨大なデュアル・キンディグリルを装着、フィンを備えるアグレッシブなコーナーエアインテークも鮮明に確認できる。また流れるルーフライン、切り詰められたリアデッキなどシルエットが確認できるほか、デュアルエキゾーストパイプ、エアアウトレット、先の細いテールライトの一部など、最終デザインも露出、いつワールドプレミアを迎えてもいい状態と言えそうだ。

コックピットは、3シリーズとほぼ同じデザインが予想されており、3スポーク・ステアリングホイール、台形のインフォテインメントシステム、デジタルゲージ、標準列のHVACコントロール、センターコンソールにはロータリーダイヤルを備える。

パワートレインは、最高出力184ps、最大トルク350Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンなどが予想される。頂点に君臨する『M4クーペ』は『M3セダン』と共有する同社の3.0リットル直列6気筒「M TwinPower Turbo」エンジンを搭載予定で、最高出力は480ps、最大トルクは599Nmが予想されている。それでも物足りない顧客には、最高出力510-psを発揮する「Competition」が用意されそうだ。

さらに最新の噂では、最高出力181hp、最大トルク350Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン+107hpの電気モーターを搭載、システム合計288hp、最大420Nmを発揮するPHEVモデルが設定される可能性もあるようだ。

4シリーズ クーペ新型は、最速で6月にデジタルワールドプレミアが予想されている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top