公開直前か...フォード最小パフォーマンスSUV「プーマST」、フルヌードでニュル激走! | Spyder7(スパイダーセブン)

公開直前か...フォード最小パフォーマンスSUV「プーマST」、フルヌードでニュル激走!

自動車 新車スクープ
フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
  • フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
  • フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
  • フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
  • フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
  • フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
  • フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
  • フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
  • フォード プーマST 開発車両 スクープ写真
フォード最小のハイパフォーマンス・コンパクトSUV、『プーマST』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルでキャッチした最新プロトタイプは、フロントスプリッターにはられたステッカーを除いて完全フルヌードだ。ベースモデルとは異なる大きなエアインテークや、ブラックリップ付きの深いフロントバンパーやルーフスポイラーを始めとするエアロパーツ、デュアルエキゾーストパイプなどを装備している。

キャビン内では、レカロスポーツシート、スポーツステアリングホイール、センターコンソールにはカーボンファイバートリムなどスポーティさでベースモデルと差別化を図っている。

パワートレインは、『フィエスタST』と共有する1.5リットル直列3気筒エンジンを搭載、最高出力は198ps、最大トルク290Nmを発揮し6速MTと組み合わされる。フィエスタSTでは0-100km/h加速6.5秒だが、プーマSTでは若干遅くなることが予想されるが、それでも7秒未満は確実と言えそうだ。

フォードでは、ルーマニアにある「Craiova」(クライオバ)工場にて、ベースモデルと一緒にSTも生産することになる。

プーマSTのワールドプレミアは、今夏以降と伝えられているが、プロトタイプの状態からも、突然公開される可能性もありそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top