高性能「S」復活の噂も!ジャガーXF改良新型、セダン&スポーツブレークをダブルスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

高性能「S」復活の噂も!ジャガーXF改良新型、セダン&スポーツブレークをダブルスクープ

自動車 新車スクープ
ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
  • ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
  • ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
  • ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
  • ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
  • ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
  • ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
  • ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
  • ジャガー XF セダン スポーツブレーク 改良新型 スクープ写真
ジャガーが年末までに公開を目指し開発しているとみられるエグゼクティブ・セダン『XF』、及びその派生モデル『XFスポーツブレーク』改良新型プロトタイプの同時スクープに成功した。

同社では、今年3月にメルセデスベンツ『Cクラス』やBMW『3シリーズ』に対抗すべく、コンパクトモデル『XE』改良新型を発表したばかりだが、今度はメルセデスベンツ『Eクラス』、BMW『5シリーズ』、アウディ『A6』をターゲットとする「XF」改良新型発表へ準備を整える。

エクステリアの主な改良点はLEDデイタイムランニングライトを含むヘッドライト、前後バンパーなどが刷新される。注目はキャビン内で、「I-Pace」の機能を移植するほか、新デザインのステアリングホイール、空調システム用セカンドデジタルディスプレイ、アップデートされた12.3インチのインストルメントクラスタやインフォテイメントスクリーン、および新しいトリムカラーとオプションが予想される。

パワートレインは、最高出力200ps、250ps、300psを発揮する2.0リットル直列4気筒「インジニウム」ガソリンターボエンジンがラインアップされるほか、欧州の厳しい規制をクリアするディーゼルエンジン、最高出力400ps、最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒を搭載するマイルドハイブリッドが設定される可能性がある。そして最大の注目は、V型6気筒エンジン搭載の高性能「XF S」の復活だが、現段階では噂に過ぎない。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top