アイアンマンも待っている...アウディ「e-tron GT」市販型、ポルシェテスト施設から出陣! | Spyder7(スパイダーセブン)

アイアンマンも待っている...アウディ「e-tron GT」市販型、ポルシェテスト施設から出陣!

自動車 新車スクープ
アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
アウディが開発中の新型4ドアクーペEV、『e-tron GT』最新プロトタイプ2台が、ポルシェのテスト施設から出るところをカメラが捉えた。

2019年に初公開された『e-tron GTコンセプト』は、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」にて、ロバート・ダウニー・Jr.演じるトニー・スターク(アイアンマン)が乗り話題となったが、その市販型となる。

捉えたプロトタイプでは、e-tron GTコンセプトに酷似したLEDデイタイムランニングライトを装着、2本のバーを装着したコーナーエアインテークやデュアルセンサーを備えるセンターグリルが見てとれる。

姉妹モデルとなるポルシェ『タイカン』とは、「J1」プラットフォームを共有するほか、バッテリー容量を採用する可能性もありそうだ。またプロトタイプには、タイカン同様に左右フロントフェンダーに充電ポートを確認することができる。

EVパワートレインは、前後にモーターを搭載し、最高出力は590hpを発揮、電子制御の4WDシステムと組み合わされる。0-100km/h加速は3.5秒、12秒で200km/hに到達し、最高速度は240km/h(電子制御)のパフォーマンスを発揮する。また量産モデルが公開された後には、より強力なハイパーカーモデルの登場も噂されている。

90kWリチウムイオンバッテリーを搭載した場合、WLTPサイクルで248.5マイル(400km)の航続となり、800ボルトの急速充電では約20分で80%レベルまで充電が完了だ。

e-tron GT市販型のワールドプレミアは、11月のL.A.モーターショーと見られていたが、コロナウイルスのパンデミックにより、不確定な状況だ。しかし年内には初公開される見込みとなっている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top