レンジローバー次世代型、ディフェンダー新型と2ショット披露...人工知能システムも搭載へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

レンジローバー次世代型、ディフェンダー新型と2ショット披露...人工知能システムも搭載へ!

自動車 新車スクープ
ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(左)とディフェンダー(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(左)とディフェンダー(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(左)とディフェンダー(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(左)とディフェンダー(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(奥)とディフェンダー(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(右)とディフェンダー(スクープ写真)
ランドローバーのフラッグシップであるとともに、世界を代表する超高級クロスオーバーSUV『レンジローバー』の次世代型プロトタイプをカメラが捉えた。

今回は、『ディフェンダー』新型との2ショットを披露してくれた。サイズ感やデザインの違いを鮮明に見ることができる。

レンジローバーのカモフラージュは厳重だが、後部ドアが長く、これがLWB(ロングホイールベース)車両であることがわかる。正面には幅の広い長方形グリルがあり、コンパクトな長方形ヘッドライトが取り付けられている。またワイドでフラットなフードは、フェンダーまで伸びるクラムシェルデザインが採用される。


次世代型では、ジャガーのフラッグシップ・セダン『XJ』次期型と共有する「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)を採用、現行型の「D7u」アーキテクチャより大幅に軽量化され、あらゆる電動パワートレインに対応するとみられる。

キャビン内は、『ヴェラール』で見られたTouch Pro Duoシステムのアップデート版を採用し、2つの10.0インチディスプレイを搭載。ジャガー『E-PACE』で採用された「Smart」セッティング拡張バージョンも含まれる。

人工知能システムは座席や鏡の位置、ディスプレイの好みなど、ドライバーの習慣を先取りし、天候に応じてエアコンの調整もおこなう。またコネクテッドカーテクノロジーは、玄関の鍵を開けたり、キッチンの照明をつけたり、帰宅中にテレビの電源を入れたりする機能を提供してくれる。

パワートレインは、3.0リットルV型6気筒ディーゼルを始め、3.0リットルV型6気筒ガソリンスーパーチャージャーがキャリーオーバーされるほか、5.0リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジンは、BMW製4.4リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジンに置き換えられると予想される。さらに直列6気筒のマイルドハイブリッド、EV後続50kmのプラグインハイブリッド、そしてフルEVなど電動化が加速する。

ワールドプレミアは、最速で2020年内と予想されているが、2021年になる可能性もありそうだ。

超高級SUV『レンジローバー』次期型、ディフェンダーとのツーショットを激写

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top