BMW 4シリーズクーペ 新型「Mパフォーマンスパーツ」、巨大グリルをカスタマイズ! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 4シリーズクーペ 新型「Mパフォーマンスパーツ」、巨大グリルをカスタマイズ!

自動車 ニューモデル
BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
  • BMW 4シリーズ・クーペ 新型のMパフォーマンスパーツ
BMWは、欧州向けの新型『4シリーズクーペ』(BMW 4 Series Coupe)に、「Mパフォーマンスパーツ」を設定すると発表した。

Mパフォーマンスパーツは、BMWの純正用品の新シリーズだ。BMWの子会社で『M3セダン』や『M8』などの開発・生産を手がけるM社が、BMW主力車のスポーツ性能を引き上げる目的で用意したアイテム群を指す。

すでに、『3シリーズ』、『2シリーズ』、『1シリーズ』やSUVなど、BMWの主力車種の多くに、Mパフォーマンスパーツが設定済み。今回、欧州で発表されたばかりの新型4シリーズ クーペに、早くもMパフォーマンスパーツが設定された。

◆カーボンファイバー製の専用エアロパーツ

外観は、軽量なカーボンファイバー製の専用エアロパーツを開発した。フロントリップスポイラー、リアスポイラー、ディフューザーなどがMパフォーマンスのデザインだ。ディフューザーは、カーボンファイバーの部分とハイグロスブラック仕上げの部分を組み合わせたデザインとした。

レーシングカーを連想させるデザインのドアミラーカバーも、カーボンファイバー製パーツとした。Mパフォーマンスのサイドスカートアタッチメントも設定した。フロントフェンダーからサイドドア、リアフェンダーにかけて装着できるフローズンブラック仕上げガーニッシュには、Mパフォーマンスのロゴが添えられる。

また、新型4シリーズクーペの特長の縦長デザインのキドニーグリルにも、Mパフォーマンスパーツの手が加えられた。内部がジェットブラックマット仕上げのカーボンファイバー製フロントグリルに交換することにより、さらにスポーティさが引き上げられる。フロントバンパーには、ハイグロスブラック仕上げのエアロフリックが装着できる。

◆ステアリングホイールはアルカンターラ仕上げ

室内では、Mパフォーマンスのステアリングホイールを設定する。このステアリングホイールは、グリップ部分がアルカンターラで、シルバーグレーの手縫いクロスステッチ加工や12時の位置に赤いマーキングが施される。

カーボンファイバー製パドルシフト、カーボンファイバー製インテリアトリムなども用意する。Mパフォーマンスのシフトレバーはアルカンターラ仕上げで、人間工学に配慮して新設計されている。ステンレス製ペダルとステンレス製フットレストもラインナップした。

◆赤いキャリパーが特長の大容量ブレーキを設定

メカニズム面では、赤いキャリパーが特長の大容量ブレーキを設定する。このスポーツブレーキは、サーキットなどの極端な条件下において、ブレーキ性能を高める。ホイールは20インチのYスポークデザインで、軽量設計とした。ジェットブラックマット仕上げが施される。テールパイプも用意された。

Mパフォーマンスのフロアマットは、対照的な色使いのステッチが特長だ。また、LEDドアプロジェクターは、Mパフォーマンスのスライドセットを使用すると、BMW Mのロゴやその他のグラフィックを車両の横の地面に投影することができる。ドアシルプレートも装着可能だ。

なお、Mパフォーマンスパーツは、BMWアクセサリーシリーズの一部として、後付けでも利用できる。BMWは、M パフォーマンスパーツのラインナップが、新型BMW 4シリーズクーペのスポーティなエッセンスを前面に押し出すために、より多くの方法を提示する、としている。

BMW 4シリーズクーペ 新型、縦長グリルをカスタマイズ…Mパフォーマンスパーツを欧州設定

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top