日本発売が濃厚に...コルベット最強「ZORA」、30カ国で商標申請していた! | Spyder7(スパイダーセブン)

日本発売が濃厚に...コルベット最強「ZORA」、30カ国で商標申請していた!

自動車 新車スクープ
シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
  • シボレー コルベット スティングレイ
シボレー『コルベット スティングレイ』新型を昨年発表したが、その頂点に君臨すると噂されている『ZORA』の商標申請が30カ国以上で行われていたことが発覚した。

ZORAは、初代コルベット産みの親であり、伝説のエンジニアとも伝えられる、ゾーラ・アンカス・ダントフ氏から由来している。

これまでわかっているのは、米国、カナダ、スイス、ニュージーランド、モルドバ、アイスランド、オーストラリア、欧州連合、バーレーン、ベトナム、チリ、シンガポール、メキシコ、ジンバブエなどに2014年から申請完了しているほか、2020年2月14日にはフィリピンで商標登録が申請されている。現段階で日本は確認できていないが、この範囲を見れば日本市場投入も濃厚といえそうだ。

ZORAのパワートレインは、5.5リットルツインターボLT7の電動バージョンを搭載、最高出力は1,000hp、最大トルク1,322Nmを発揮する。ZORA以外にもロードマップが流出しており、それによると2021年に5.5リットルV型8気筒、32バルブの6LTエンジンを搭載、最高出力650hp、最大トルク813Nmを発揮する『Z06』が登場。2022年には、最高出力495hp、最大トルク637Nmを発揮するLT2ハイブリッドバージョンエンジン搭載の『グランドスポーツ』を投入。さらに2023年には、5.5リットルツインターボ「LT7」エンジンを搭載する『ZR1』を計画しており、最高出力は850hp、最大トルク1,119Nmを発揮するとみられる。

ZORAのワールドプレミアは、2025年モデルとして2024年と予想されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top