レクサスIS、6月15日デビューが決定...これが新型デザインだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサスIS、6月15日デビューが決定...これが新型デザインだ!

レクサスは、4ドアサルーン『IS』新型を、6月10日とアナウンスしていたが、遅れが生じ、6月15日(現地時間)に発表することがわかった。

自動車 新車スクープ
レクサス IS 新型 ティザーイメージ
  • レクサス IS 新型 ティザーイメージ
  • レクサス IS 新型 ティザーイメージ
  • レクサス IS 新型 ティザーイメージ
  • レクサス IS 新型 ティザーイメージ
  • レクサス IS 新型 ティザーイメージ
レクサスは、4ドアサルーン『IS』新型を、6月10日とアナウンスしていたが、遅れが生じ、6月15日(現地時間)に発表することがわかった。

入手したリアクォーターパネルのティザーイメージには、刷新されたショルダーライン、現行モデルより強くキックアップしたウィンドウのメタルフレーム、給油口ライン、新デザインのホイールなどが確認できる。またリアエンドではコンパクトなトランクリッドスポイラー、「UX」風の薄いLEDスキニーストリップと一体化された三角形のテールライトも鮮明に見ることができる。

またフロントフェンダーに「Fスポーツ」、リアに「IS350」のバッジを装着していることからも、このモデルは最高出力315ps、最大トルク375Nmを発揮する3.5リットルV型6気筒を搭載するFスポーツモデルと思われる。

今回の新型が、大幅改良なのか、フルモデルチェンジなのか断定できていない。改良新型の場合、TNGAアーキテクチャに移行されず、現在プラットフォームのアップデート版を採用すると予想されているが、フルモデルチェンジならばTNGA基盤に乘ることも予想される。

IS 350意外のパワートレインは、最高出力244psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン最高出力228psを発揮する2.5リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッドをラインアップ。さらに『IS F』の代わりとなる『IS 500』が噂されており、3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力422ps、最大トルク599Nmのパフォーマンスが予想される。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top