シャークノーズも健在...BMW『6シリーズ クーペ』、2025年にも復活!? 予想CG公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

シャークノーズも健在...BMW『6シリーズ クーペ』、2025年にも復活!? 予想CG公開

自動車 新車スクープ
BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
  • BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
  • BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
  • BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
  • BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
  • BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
  • BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
  • BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
  • BMW 6シリーズ クーペ 新型 予想CG
BMWの2ドアスポーツ、『6シリーズ クーペ』が復活する可能性があるという情報を入手、その予想CGを入手した。

6シリーズは、当時BMWのフラッグシップクーペとして、1976年に初代「E24」型が登場、「世界一美しいクーペ」と称され、1989年まで製造されたが一時生産終了。1990年から1999年までは『8シリーズ』が後継モデルとして発売された。その後「E63/E64」型が2003年に復活、14年ぶりに第2世代として発売された。

しかし、2017年頃には販売不振になり、クーペ、コンバーチブル、グランクーペは8シリーズ新型へ移行。現在6シリーズファミリーは、「GT」のみの販売となっているうえ、GTの存続も危ぶまれている。

今回予想CGで協力を得たのはロシアのデザイナー、Grigory Butin氏だ。同氏は、VW商用車デザイナーとして、4年間努めた経歴を持つ。そのエクステリアは、E24からインスパイアされた「シャークノーズ」、長いフロントエンドとリアエンド、最新のLEDデイタイムランニングライトを装備。またポップアップドアハンドル、電子サイドミラー、大径ホイール、巨大ブレーキ、アグレッシブでスリムなヘッドライトも確認できるほか、初代から継承される流麗なルーフラインが印象的だ。

リアエンドでは、跳ね上がるようなダックテールスポイラー、スポーティなテールライトなど、となりに並ぶ初代E24と比較するとその進化がよくわかる。

5月に発表された最新の6シリーズ GTのパワートレインは、48Vスタータジェネレーターを装備するマイルドハイブリッドシステム搭載モデルも存在するが、予想CGではエキゾーストシステムが見られないことからもフルエレクトリックモデルとして登場する可能性もありそうだ。

予想どおりなら、2025年に登場する6シリーズ クーペ新型、果たして2度目の復活はあるのか注目したい。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top