ベントレーSUV「ベンテイガ」、初の大幅改良へ...コックピットに最新テクノロジー搭載 | Spyder7(スパイダーセブン)

ベントレーSUV「ベンテイガ」、初の大幅改良へ...コックピットに最新テクノロジー搭載

ベントレー人気を押し上げたクロスオーバーSUV、『ベンテイガ』改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
ベントレー人気を押し上げたクロスオーバーSUV、『ベンテイガ』改良新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

2016年に初登場したベンテイガ。2019年にはブランド初のプラグインハイブリッドを追加したことも記憶に新しいが、超高級SUV市場では、ロールスロイス『カリナン』やランボルギーニ『ウルス』を始めとするライバル達が話題を集めており、さらなる存在感を高めるためにも大幅改良は必至だ。

捉えたプロトタイプのグリルとヘッドライトには偽装がほどこされているが、『フライングスパー』新型に似たデザインが予想されている。またバンパーにはより大型のエアインテーク、再設計されたフォグライト・サラウンドを備えたスポーティなフロントバンパーが装着される。

リアエンドでは、背の高いテールライト、リフレッシュされたテールライトもみられるはずだ。

キャビン内のテクノロジーの見直しも重要課題だ。現在のインフォテイメントシステムは一世代古いため、『コンチネンタルGT』と『フライングスパー』の最新テクノロジーを取り入れる。デジタル化されたクラスタ、修正されたトリム、運転支援システムを搭載するほか、回転式12.3インチタッチスクリーンも期待できるかもしれない。

パワートレインは、最高出力550ps、最大トルク770Nmを発揮する4.0リットルV型8気筒エンジン、最高出力608ps、最大トルク900Nmを発揮する6.0リットルW12気筒エンジンがラインアップされる。また最高出力449ps、最大トルク700Nmを発揮、17.3kWhリチウムイオンバッテリーを搭載する3.0リットルV型6気筒+電気モーターのハイブリッドモデルのアップデートも予想される。さらに最高出力635ps、最大トルク900Nmを発揮する『ベンテイガ スピード』も用意されるだろう。

ベントレー ベンテイガ は超高級SUV市場でさらなる存在感を示せるか…初の大幅改良へ

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top