ランボルギーニ、史上最速オープン「シアン スパイダー」開発中の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニ、史上最速オープン「シアン スパイダー」開発中の噂!

ランボルギーニは、フランクフルトモーターショー2019にて、同社初のハイブリッド・スーパーカー『シアンFKP 37』を発表したが、その派生オープンモデルとなる『シアン スパイダー』を開発している可能性が高いことがわかった。

自動車 新車スクープ
ランボルギーニ シアンスパイダー 予想CG
  • ランボルギーニ シアンスパイダー 予想CG
  • ランボルギーニ シアンスパイダー 予想CG
  • ランボルギーニ シアンスパイダー 予想CG
ランボルギーニは、フランクフルトモーターショー2019にて、同社初のハイブリッド・スーパーカー『シアンFKP 37』を発表したが、その派生オープンモデルとなる『シアン スパイダー』を開発している可能性が高いことがわかった。

シアンFKP 37は、『アヴェンタドール』から流用する6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンをハイチューン。34psを発生する48Vモーターと組み合わせたマイルドハイブリッドで、システム合計最高出力は819psとランボルギーニ史上最強モデルとなっている。

またアヴェンタドールのような地を這う低くワイドなボディにより、0-100km/h加速2.8秒、最高速度350km/hのハイパフォーマンスを発揮する。

デザイナーのAksyonov Nikita氏から協力を得た予想CGは、フルオープン状態で、市販型ではハードトップか、折りたたみ式ソフトトップかは不明だ。しかし、クーペ同様の性能を維持、同社最速オープンの誕生となるだろう。

ただし、価格はシアンFKP 37の200万ユーロ(約2億4千万円)に対し、スパイダーでは240万ユーロ(約2億8千万円)程度になる可能性もありそうだ。

スパイダー市販型のワールドプレミアは、コロナウイルスのパンデミックが収まれば、ジュネーブモーターショー2021での公開が予想される。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top