マツダ『BT-50』新型を世界初公開!魂動デザイン採用 | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダ『BT-50』新型を世界初公開!魂動デザイン採用

マツダは6月17日、9年ぶりに全面改良したピックアップトラック『BT-50』を世界初公開した。

自動車 ニューモデル
新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
マツダは6月17日、9年ぶりに全面改良したピックアップトラック『BT-50』を世界初公開した。

新型BT-50は、いすゞ自動車からのOEM供給を受け、マツダの自社ブランド車として、2020年後半よりオーストラリアから販売を開始する予定だ。

BT-50は2006年のデビュー以来、オセアニア、アセアン、中南米、中近東、アフリカなどを中心に販売され、スポーティで力強いデザインや高い走行性能、機能性などで、多くのユーザーに支持されてきた。

2度目となる今回の全面改良では、いすゞ製ピックアップトラックをベースに、デザイン、使いやすさ、安心感を追求した。デザインでは、マツダのデザインテーマである「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」でピックアップトラックならではの力強さ、タフな機能性、道具感を表現。また、ピックアップトラックの幅広い用途やさまざまな使用シーンにて、アクティブなニーズにしっかりと応える、走行性能、機能性、安全性を実現している。

オーストラリア向けのダブルキャブ、4WD、AT車は、ボディサイズが全長5280×全幅1870×全高1790mm、ホイールベースは3125mm。搭載する3.0リットルディーゼルエンジンは最高出力190ps、最大トルク450Nmを発生。乗車定員5名で、最大積載量1065kg、トーイング能力は3500kg。

マツダ、新型ピックアップトラック『BT-50』を世界初公開…魂動デザインでタフさを表現

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top