日産アリア市販型、7月デビュー決定!新型EVクロスオーバー | Spyder7(スパイダーセブン)

日産アリア市販型、7月デビュー決定!新型EVクロスオーバー

日産は、『アリア・コンセプト』市販型を7月ワールドプレミアすることを発表、そのティザーイメージを1点初公開した。

自動車 新車スクープ
アリア 市販型 ティザーイメージ
  • アリア 市販型 ティザーイメージ
  • アリア コンセプト
  • アリア コンセプト
  • アリア コンセプト
  • アリア コンセプト
日産は、『アリア・コンセプト』市販型を7月ワールドプレミアすることを発表、そのティザーイメージを1点初公開した。

アリア・コンセプトは、東京モーターショー2019で初公開された次世代EVクロスオーバーSUVだ。公開されたティザーイメージは、コンセプトモデル同様のLEDが点灯する「Vモーショングリルを装備。4月に入手した特許画像でプレビューしたように傾斜したルーフラインがうっすらと浮かんでいる。市販型では、バンパー、ドアハンドル、そのほかいくつかのデザイン修正がみられるだろう。

市販型ではクロスオーバー専用EVプラットフォームに乗り、ボディサイズは『ローグ』より若干拡大され、全長4600mm、全幅1920mm、全高1630mmとなる。安全技術では、高速道路でのハンズオフ運転をサポートする「PorPilot」自動運転システムも搭載確実で、各車軸に1つづ、合計2つの電気モーターを搭載するツインモーター4輪制御システム「e-4ORCE」(イーフォース)の採用は濃厚だが、パワートレインに関しては不明だ。

コンセプトモデルでは、12.3インチのディスプレイ、インストルメントパネルなどが装備され、非常にシンプルかつ実用性の高いコックピットがみられたが、市販型にどこまで反映されるか注目される。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top