VW次世代マルチバン『T7』、開発車両がアルプスで過酷な負荷テストを開始! | Spyder7(スパイダーセブン)

VW次世代マルチバン『T7』、開発車両がアルプスで過酷な負荷テストを開始!

自動車 新車スクープ
VW T7 開発車両 スクープ写真
  • VW T7 開発車両 スクープ写真
  • VW T7 開発車両 スクープ写真
  • VW T7 開発車両 スクープ写真
  • VW T7 開発車両 スクープ写真
  • VW T7 開発車両 スクープ写真
  • VW T7 開発車両 スクープ写真
  • VW T7 開発車両 スクープ写真
  • VW T7 開発車両 スクープ写真
VWのマルチバン、『T6』後継モデルとなる『T7』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

現行T6は、2019年初頭にも「T6.1」へ改良されているが、次世代型では大きな進化となりそうだ。アルプスで捉えた最新プロトタイプは、重いトレーラーを牽引、リアサスペンションに負荷がかかり沈んでいる様子が伺える。

カモフラージュが全体をラッピングしており、ディテールは不明だ。以前のプロトタイプではAピラーに組み込まれた三角窓が露出していたが、このプロトタイプでは再び隠されたいる。次世代型では、VWグループの「MQB」プラットフォームを採用、平基調のグリルや、新設計されたコンパクトなテールライトは確認できる。またT6より2.36インチ(6センチ)ローダウンされ、乗降が改善されるほか、将来的にはハイブリッド、及びフルエレクトリックモデルも設定可能となる。もちろん、電動化に興味ない顧客にはガソリンとディーゼルが引き続き販売される予定だ。

キャビン内は、ゴルフ新型と似たレイアウトが予想されており、ダッシュボードの中央にインフォテイメントシステム、その横にはデジタルインストルメントクラスタを配置するレイアウトとなるだろう。

T7のワールドプレミアは、2021年以降が有力だ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top