巨大湾曲スクリーンを激写!BMW 2シリーズ アクティブツアラー新型、これが市販型インパネだ | Spyder7(スパイダーセブン)

巨大湾曲スクリーンを激写!BMW 2シリーズ アクティブツアラー新型、これが市販型インパネだ

2020年内のデビューが期待されるBMW『2シリーズ アクティブツアラー』次期型。その市販型コックピットを撮影することに成功した。

自動車 新車スクープ
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 開発車両スクープ写真
2020年内のデビューが期待されるBMW『2シリーズ アクティブツアラー』次期型。その市販型コックピットを撮影することに成功した。

スクープサイト「Spyder7」では以前にもコックピットを捉えていたが、今回のものが最終デザインに近いと思われる。


そのキャビン内には、2つの画面を組み合わせた大規模な湾曲ディスプレイを装備。一つはデジタルインストルメント・クラスタ、もう一つはインフォテインメントシステムで、HVACシステム(空調)を含む様々な機能を制御する。

また通気口は薄く設計され、中央のアームレストの前には、運転モードセレクタ、パーキングセンサーなどが配置されている。ステアリングホイールはやや厚めのデザインとなっており、オプションのレザーが採用されている。


『1シリーズ』新型でデビューした「FAAR」FWDプラットフォームを採用、剛性が高められるほか、プラットフォームの延長も濃厚で居住空間も大幅に向上しそうだ。新型では3列シートを備えた『グランツアラー』が廃止される可能性が高く、代わりにアクティブツアラーに3列シートがオプション設定されると予想されている。

パワートレインは、最高出力116psを発揮する1.5リットル直列3気筒ディーゼルエンジンを始め、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、最高出力150ps及び190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンのほか、PHEVも予想される。ベースモデルのトランスミッションは6速MTだが、トップグレードは、ゲトラグ製8速DCTと組み合わされる。

駆動方式は標準で前輪駆動が設定されるが、四輪駆動も濃厚だ。また最高出力300psを発揮する「Mパフォーマンス」の設定も噂されている。

巨大な湾曲スクリーンを激写!BMW 2シリーズ アクティブツアラー 新型

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top