プロトタイプを公式リーク!BMW M4クーペ次期型、コックピットやエンジンも公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

プロトタイプを公式リーク!BMW M4クーペ次期型、コックピットやエンジンも公開

BMWは、現在開発終盤と見られる『M4クーペ』次期型プロトタイプを公式リークした。

自動車 新車スクープ
BMW M4 市販型プロトタイプ
  • BMW M4 市販型プロトタイプ
  • BMW M4 市販型プロトタイプ
  • BMW M4 市販型プロトタイプ
  • BMW M4 市販型プロトタイプ
  • BMW M4 市販型プロトタイプ
  • BMW M4 市販型プロトタイプ
  • BMW M4 市販型プロトタイプ
  • BMW M4 市販型プロトタイプ
BMWは、現在開発終盤と見られる『M4クーペ』次期型プロトタイプを公式リークした。

M4は、発表されたばかりのスポーツクーペ『4シリーズ』新型の頂点に君臨する最強モデルとなる。公式リークされたプロトタイプは、サーキットで高速テストをする様子が公開されている。厳重なカモフラージュがほどこされているが、市販型では4シリーズ同様に巨大キドニーグリルを装備するほか、厚みのあるサイドスカート、大型コーナーエアインテーク、ダックテールスポイラーなどが装備される。

室内の画像では、マニュアルトランスミッションのシフトレバー、大型ワイドスクリーンなどを確認することができる。

現行M4のパワートレインは、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンで、最高出力431hpを発揮する。一方新型では、3.0リットル直列6気筒ツインターボ「S58」エンジンが搭載され、最高出力480hpを発揮、上位モデルのコンペティションでは、最高出力510hpまで向上する。

市販型は後輪駆動だが、遅れて全輪駆動「xDrive」が設定される。またトランスミッションは、従来のDCTユニットから8速「Mステップトロニック」に変更するほか、6速MTが設定される。

足回りではフロント19インチ、リア20インチのホイールを装着、M3より2インチ車幅がワイドになり、M専用サスペンションを搭載することにより、安定した高度な高速性能を発揮する。

M4新型のワールドプレミアは、2020年内が有力だ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top