ホンダ ヴェゼル モデューロX 新型試乗!本来のヴェゼルが目指した性能…渡辺陽一郎 | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダ ヴェゼル モデューロX 新型試乗!本来のヴェゼルが目指した性能…渡辺陽一郎

コンパクトSUVの『ヴェゼル』には、「モデューロX」も用意される。専用パーツの装着により、外観をドレスアップして運転感覚も向上させた。

自動車 ニューモデル
ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
  • ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
  • ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
  • ヴェゼル・ツーリング・モデューロX
  • ヴェゼル・ツーリング・モデューロX
  • ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
  • ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
  • ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
  • ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
コンパクトSUVの『ヴェゼル』には、「モデューロX」も用意される。専用パーツの装着により、外観をドレスアップして運転感覚も向上させた。外観では専用のグリル、バンパー、アルミホイールなどが装着され、走りに関するパーツではショックアブソーバーやスプリングを変更した。

◆乗り心地を損なわずに走行安定性を向上

ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
特に注目されるのは、走行安定性が乗り心地を損なわずに向上していることだ。まず操舵に対する反応の仕方が正確になった。小さな舵角から、車両の向きが忠実に変わる。ベース車のヴェゼルもSUVの中では操舵感が優れた部類に入るが、モデューロXはさらに改善された。

カーブを曲がり始めると、旋回軌跡を拡大させにくい。旋回の外側に位置する前輪の踏ん張り感が強まり、車両をしっかりと内側に向ける。下りカーブでは、後輪の接地性も十分に確保されて不安定な状態に陥りにくい。

そしてカーブを曲がっている時に、アクセルペダルを意図的に戻すと、荷重が前側に移って車両を積極的に内側へ向けることも可能だ。安定性を高く保ちながら、コントロール性も優れている。乗り心地は40km/h以下では硬めながら粗さを抑えた。

ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX

◆ヴェゼルという車種が目指した性能

このようにヴェゼルモデューロXは、運転の楽しさを盛り上げながら、安心感が伴って乗り心地も快適だ。その秘訣を開発者に尋ねると以下の返答だった。

「モデューロXでは、ショックアブソーバーやスプリングを変えたものの、特に高価なパーツは使っていない。ボディも補強していない。その代わり各パーツのバランス取りを入念に行った。例えばアルミホイールは、スポークとリムの接合形状や厚みを工夫して、操舵感と乗り心地を最適化させている(アルミホイールにもタワミを利用して足まわりの効果を持たせた)。エアロバンパーも、空気の流れを整えることで、走行安定性の向上に貢献している」

さまざまな部分の連携とチューニングにより、走行安定性、操舵感、乗り心地など幅広い機能を向上させた。それはヴェゼルという車種が目指した性能でもあるだろう。モデューロXは、初めて運転したドライバーを驚かせるようなチューニングモデルはないが、安心して飽きずに長く使える上質なクルマに仕上がっている。

ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

渡辺陽一郎|カーライフ・ジャーナリスト
1961年に生まれ、1985年に自動車雑誌を扱う出版社に入社。編集者として購入ガイド誌、4WD誌、キャンピングカー誌などを手掛け、10年ほど編集長を務めた後、2001年にフリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向した。「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けている。

【ホンダ ヴェゼル モデューロX 新型試乗】本来のヴェゼルが目指した性能…渡辺陽一郎

《渡辺陽一郎@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top