7月15日デビュー!マセラティ ギブリ改良新型にブランド初のハイブリッド...テールライト見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

7月15日デビュー!マセラティ ギブリ改良新型にブランド初のハイブリッド...テールライト見えた!

自動車 新車スクープ
マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
マセラティは、7月15日に発表予定の『ギブリ』改良新型に、ブランド史上初となるハイブリッドモデルを設定する。その市販型プロトタイプの実車をカメラが捉えた。

ギブリは初代は1966年に2ドア・ファストバックとして誕生、1973年に生産終了となったが、1992年に『ギブリII』として復活し、1997年まで販売された。その後2013年に16年振りにEセグメント・4ドアサルーンとして復活。2017年にフェイスリフトを受けており、これが2度目の大幅改良となる。

捉えたプロトタイプは、カモフラージュも軽く、フロント&リアバンパーをはじめ、グリル、ヘッドライトがわずかに修正されている様子が伺える。注目はテールライトだ。現行型はアウトラインを縁取るデザインだが、改良新型では横一文字にLEDが光っている。

キャビン内は完全に覆われていることから、大幅なデザイン変更が予想される。おそらく、より大型のインフォテイメントディスプレイ、デジタルインストルメントクラスタを搭載、ソフトウェアのアップデートも濃厚だろう。

パワートレインは、最高出力350psを発揮する3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンのほか、「2.0 330HP」のステッカーから、最高出力330ps発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーの搭載が予想される。そして注目は最高出力400ps以上と思われる、2.0リットル直列4気筒+電気モーターのPHEVだ。

マセラティ ギブリ に初の4気筒&PHEVも…7月15日デビュー直前スクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top