メルセデスベンツSクラス新型、ポップアップドアハンドルなど詳細が明らかに! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツSクラス新型、ポップアップドアハンドルなど詳細が明らかに!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
9月の正式発表に向けてティザーキャンペーンをおこなっているメルセデスベンツ『Sクラス』。そのキーとなるイメージがいくつか公開されているが、今回スクープサイト「Spyder7」では、公式には明かされていないディティールを撮影することに成功した。

キャッチした最新のプロトタイプは、ティザーイメージではまだ隠されているAピラー以降が露出。ポップアップドアハンドルの最終デザインが確認できるほか、ヘッドライトからテールライトまで伸びるキャラクターラインも見えている。

リアエンドで最大の変化は、テールライトがトランクリッドに伸びる垂直デザインから、水平基調へ刷新されている点だ。トランク下部の開口部は現行型より広く、実用性が向上しているようだ。


キャビン内でも大幅な変更が加えられる。まずデジタルインストルメントクラスタと12.8インチのインフォテイメントシステムがダッシュボードに垂直に組み込まれている。このディスプレイには最新のMBUXソフトウェアが搭載されており、有機LEDテクノロジーにより感覚的なフィードバックも可能とする。さらにメーターパネルは、3Dメガネを必要としない3D表示を実現するという。

新型では、カーボンファイバーとアルミニウムを多様した「MRA II」後輪駆動プラットフォームを採用。レベル3自動運転機能やアクティブサスペンションを装備する。また27のハードボタンとスイッチを削減、後部座席の乗客が楽しむスクリーンも大幅に進化している。

パワートレインの詳細は不明だが、48Vマイルドハイブリッド、プラグインハイブリッドなど電動化が進むのは間違いない。

Sクラスのティザーキャンペーン第2弾は7月29日で、「安全性と快適性に関する詳細」を公開、そして8月12日に豪華なインテリアを公開し完結。いよいよ9月にワールドプレミアを迎えることになる。

ティザー以上の露出!メルセデスベンツ Sクラス 新型、ポップアップドアハンドルも見えた

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top