まさか市販化!? 7基の電気モーターで1400馬力...狂気のハードコアEVレーサー、『マッハE 1400』世界初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

まさか市販化!? 7基の電気モーターで1400馬力...狂気のハードコアEVレーサー、『マッハE 1400』世界初公開!

フォードは、『マスタング・マッハE』をベースとした、NASCARレーサー『マスタング・マッハE 1400』を世界初公開した。

自動車 ニューモデル
フォード マスタング マッハE 1400
  • フォード マスタング マッハE 1400
  • フォード マスタング マッハE 1400
  • フォード マスタング マッハE 1400
  • フォード マスタング マッハE 1400
  • フォード マスタング マッハE 1400
  • フォード マスタング マッハE 1400
  • フォード マスタング マッハE 1400
  • フォード マスタング マッハE 1400
フォードは、『マスタング・マッハE』をベースとした、NASCARレーサー『マスタング・マッハE 1400』を世界初公開した。

マスタング・マッハEは、ロサンゼルスモーターショー2019にてワールドプレミアされた、初のフルエレクトリックスポーツだ。今回公開されたマッハE 1400は、ブランドの新たなEVパフォーマンスを絶対的な限界まで引き上げている。そのパワーユニットは、7基の電気モーター、56.8kWhのバッテリーを搭載し、最高出力1400psを発揮、車重は1,043kg(2,300ポンド)で時速258km/h(160マイル)という驚異のスペックを持つ。

ドライブトレインには、前輪に動力を供給する3基のモーターと高車軸を回すための4つのモーターを設置。単一ドライブシャフトがそれらをディフェんシャルに接続する。このシステムはドライバーがドリフトを行うか、トラックにクイックラップを設定するかにより調整することが可能だという。またこのハードコアEVは、ブレンボ製ブレーキコンポーネントとドリフトを容易にする油圧ハンドブレーキを備えているほか、電子ブレーキブーストスタートシステムは、回生ブレーキ、ABS、及び安定制御の機能を組み合わせている。

マッハE 1400の発表で、RTR Vehiclesの創設者であり、プロレーサーでもあるVaughn Gittin Jr.氏は、「フォードパフォーマンスとRTRの10,000時間のコラボレーションから生まれた。マッハEのボディインホワイトを使用しているが、その中身は大幅に変更され、適応可能なドライブトレインにより、フロント、リア、及び全輪駆動のレイアウトを切り替えることができ、さまざまなコントロールアームとステアリング設定があります。現段階で1400馬力のマッハEの生産仕様は考えていませんが、最終的に量産モデルへの道をみつける可能性があります」と述べている。

現在、マッハEの最強モデルは、最高出力459hp、最大トルク830Nmを発揮するGTだが、それを凌駕するマッハE 1400の市販化に期待したい。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top