14億円スウェプテイル後継ワンオフモデルか...ボートのような優雅な特許画像が流出! | Spyder7(スパイダーセブン)

14億円スウェプテイル後継ワンオフモデルか...ボートのような優雅な特許画像が流出!

自動車 新車スクープ
ロールスロイス 新型ワンオフ 特許画像 
  • ロールスロイス 新型ワンオフ 特許画像 
  • ロールスロイス 新型ワンオフ 特許画像 
  • ロールスロイス 新型ワンオフ 特許画像 
  • ロールスロイス 新型ワンオフ 特許画像 
  • ロールスロイス 新型ワンオフ 特許画像 
  • ロールスロイス 新型ワンオフ 特許画像 
  • ロールスロイス 新型ワンオフ 特許画像 
ロールスロイスは、6月に1枚のティザーイメージを初公開したが、その実車と思われる特許画像が流出、スウェーデンのエージェント経由で入手した。

この特許画像は、2019年9月にドイツの特許庁に申請された後、2020年3月にブラジルの知的財産庁に申請されたものです。

ボディスタイルは、「レイス」に基づく2ドアクーペであることがわかる。正面には同社同じみのグリル、その横にはスリムなヘッドライトと円形のフォグランプを装備している。サイドビューでは、大きな後部ヒンジ付きドアとヒドゥンCピラーを特徴としている。ティザーイメージでは、電子ミラーを装着していたが、特許画像では通常のミラーのため、変更された可能性があるだろう。

ルーフは、レイスのようにデッキリッドに急降下するのではなく、ルーフが先細りになり、ウッドで覆われた平なデッキへと続いており、まさに優雅な走るボートのようだ。

この新型モデルは、ワンオフモデルと予想されている。ロールスロイスのワンオフといえば、2017年にセレブのためのカーイベント、「コンソルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」でワールドプレミアされた『スウェプテイル』が記憶に新しい。ヨットをイメージした開放的なエクステリアには、後部へ絞られた逆三角のガラスルーフを採用、室内には最高級ウッド、レザートリムを配置。パワートレインは6.8リットルV型12気筒エンジンを搭載、最高出力460psを発揮する。そしてなんといっても驚かされたのはその価格で、1,280万USドル(現在のレートで約13億7千万円)という途方もない価格だった。

おそらく、その後継モデルと予想されるが、この新型ワンオフモデルも、スウェプテイルに続き10億超えの可能性もあるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top