いつか日本を席巻する!? ヒュンダイ・コナ最強モデル、275馬力の『N』市販型デザイン見えた | Spyder7(スパイダーセブン)

いつか日本を席巻する!? ヒュンダイ・コナ最強モデル、275馬力の『N』市販型デザイン見えた

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
ヒュンダイは、現在コンパクト・クロスオーバーSUV、『コナ』改良新型に設定される最強モデル、『コナN』を開発しているが、その市販型デザインがついに露出した。

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、フロントのクラッディングが取られ、新デザインのLEDデイタイムランニングライト、「サンタフェ」に似た新しいグリル、再設計されたスプリット・ヘッドライト、深いサイドスカート、大径ホイールなどを装備。大型のエアインテーク、サイドベントのハニカムインサートよりアグレッシブなフロントエンドとなっている。

また、リアエンドでは、水平基調のLEDテールライトの一部、大型の固定ルーフスポイラー、分厚い円形デュアルエキゾーストパイプ、巨大デュフューザー、アグレッシブなバンパーなども確認することができる。

キャビン内では、インストルメントクラスタやインフォテイメントシステム、及び安全機能のアップデートがなされる以外、大きな変更はないと思われる。

予想されるパワーユニットは、2.0リットル直列4気筒「T-GDI」ターボガソリンエンジンを搭載、最高出力は「i30N」同様に275psを発揮、「ヴェロスターN」から供給される8速DCTトランスミッションと組み合わされ、前輪駆動のみ設定される。

最強Nのワールドプレミアは2020年内で、噂のある日本市場再参入が現実となれば、同社の目玉となりうるかもしれない。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top