目玉は3.0直6マイルドハイブリッド...ジャガーXFスポーツブレーク改良新型、プロトタイプがニュルへ! | Spyder7(スパイダーセブン)

目玉は3.0直6マイルドハイブリッド...ジャガーXFスポーツブレーク改良新型、プロトタイプがニュルへ!

自動車 新車スクープ
ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー XF スポーツブレーク 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
ジャガーの欧州Eセグメントセダン、『XF』派生モデルとなる『XFスポーツブレーク』改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

スポーツブレークは、2012年に初めて設定されたワゴンで、サスペンションの強化やハンドリング性能の向上など、ワゴンの粋を超えたモデルだ。

ニュル高速テストへ向かうプロトタイプは、これまでとほぼ同じカモフラージュで、まだまだディテールを明かしていない。それでも修正されたフロントバンパー、薄いヘッドライト、目立つグリル、スリムなテールライトの一部を確認することができる。

キャビン内では、最新のインフォテインメントシステムとHVACシステムの制御に使用される3番目のディスプレイに加え、12.3インチのデジタルインストルメントクラスタが追加される。また新設計のステアリングホイール、新しいトリムカラーとオプションも期待できるだろう。

パワートレインは、最高出力200ps、250ps、300psを発揮する2.0リットル直列4気筒「インジニウム」ガソリンターボエンジンがラインアップされるほか、欧州の厳しい規制をクリアするディーゼルエンジン、最高出力400ps、最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒を搭載するマイルドハイブリッドが設定される可能性がある。尚、3.0リットルV型6気筒エンジンは廃止される可能性がありそうだ。

XFスポーツブレーク改良新型は、今秋までにデビューが期待されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top