日本でホンダ ヴェゼルと対決!? オペルのコンパクトSUVクロスランドX改良新型、「バイザー」マスクへ進化! | Spyder7(スパイダーセブン)

日本でホンダ ヴェゼルと対決!? オペルのコンパクトSUVクロスランドX改良新型、「バイザー」マスクへ進化!

自動車 新車スクープ
オペル クロスランドX 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • オペル クロスランドX 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • オペル クロスランドX 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • オペル クロスランドX 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • オペル クロスランドX 改良新型プロトタイプ スクープ写真
オペルの欧州Bセグメント・クロスオーバーSUV、『クロスランドX』改良新型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

クロスランドXは、同じくBセグメントのMPV「メリーバ」後継モデルとして、2017年に発売されたばかりのニューモデルで、これが初の大幅改良となる。

捉えたプロトタイプは、密閉型グリル、フォグランプの位置が修正された新しいフロントバンパー、2つのワイドなエアインテークを装備、「バイザー」マスクへと進化する。バイザーとは、フロントエンドのデザインを一体化させ、シールドのイメージを持つことからつけられた名称で、同ブランドの新世代アイデンティティとなる。

またテールゲートとクォーターパネルにカモフラージュが見られるため、今後変更される可能性もあるほか、ヘッドライトやテールライトのグラフィックもリフレッシュされるかもしれない。

パワートレインは、1.2リットル直列3気筒ガソリン、及びガソリンターボエンジン、1.6リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンがキャリオーバーされると思われる。オールエレクトリックバリアントも期待したいところだが、現行型プラットフォーム「PF1」は、電化をサポートしていないため、物理的に不可能なのと、新世代「Mokka-e」がそのセグメントをカバーしているため、急務とはなっていない。

オペルは、2021年に日本市場へ再参入を発表しており、「コルサ」、「コンボライフ」、「グランドX」の導入を決定している。クロスランドXは現段階で不明だが、人気のSUVラインアップ強化に導入も十分ありそうだ。日本で発売されれば、ホンダ「ヴェゼル」あたりと激突することになる。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top