レクサスに「R」で始まる第三のモデル...「LF-30エレクトリファイド」いよいよ市販化か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサスに「R」で始まる第三のモデル...「LF-30エレクトリファイド」いよいよ市販化か!?

自動車 新車スクープ
レクサス LF30 エレクトリファイド
  • レクサス LF30 エレクトリファイド
  • レクサス LF30 エレクトリファイド
  • レクサス LF30 エレクトリファイド
  • レクサス LF30 エレクトリファイド
  • レクサス LF30 エレクトリファイド
  • レクサス LF30 エレクトリファイド
  • レクサス LF30 エレクトリファイド
  • レクサス LF30 エレクトリファイド
レクサスは、米国をはじめ欧州、オーストラリアなど複数国で『RZ 450e』の名称を商標登録していることがわかった。

同ブランドのラインアップには、現在「R」ではじまる2つのモデルが存在している。クーペの「RC/RC F」、及びSUVの「RX」だ。SUVとクロスオーバーへの需要が高まっていることを考慮すれば「RZ」はクーペではなくなんらかのクロスオーバー/SUVの可能性が高く、また「Z」が初めて使用されていること、「e」が付けられていることなどから、新型のEVモデルと予想される。

レクサスは、2025年までに6台のバッテリー電気自動車を生産すると発表、「UX」をベースとするEV「UX 300e」が2020年内に欧州で発売予定となっている。UX 300eは、最高出力201hp、最大トルク300Nmを発揮するシングル電気モーターを採用、0-100km/h加速を7.5秒で走り抜け、54.3kWhリチウムイオンバッテリーパックにより、315km(196マイル)の後続を誇る。

また東京モーターショー2019では、『LF-30エレクトリファイド』コンセプトを初公開、2030年のレクサスの電動モデルを示唆した。こちらは、最高出力544hpを発揮、0-100km/h加速3.8秒のハイパフォーマンス誇り、1回の充電による後続は500kmを可能にしている。

「RZ 450e」は、この「LF-30エレクトリファイド」市販型の可能性もありそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top