BMW次世代EVクロスオーバーSUV『iX5』、ついに市販型パーツ装着...レベル3の半自律運転技術搭載! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW次世代EVクロスオーバーSUV『iX5』、ついに市販型パーツ装着...レベル3の半自律運転技術搭載!

自動車 新車スクープ
BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
BMWが開発中のフルエレクトリック・クロスオーバーSUV、『iX5』(仮称)市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

キャッチしたプロトタイプは、これまでよりカモフラージュが大幅に削ぎ落とされている。フロントエンドでは、ヘッドライト、ダイヤモンド型のアクセントが施された大型キドニーグリルなど市販型コンポーネントが初めて装着されているほか、垂直のコーナーエアインテークが初めて露出している。

グリル部分には、レベル3自動運転を可能にする様々なレーダー機能、カメラ技術、多数のセンサーが取り付けられるだろう。


リアエンドは、ボディと一体感のある市販型のテールライトが装着されている。またワイドに広がるテールゲートの開口部も鮮明に確認できる。

足回りでは、ピレリP Zeroタイヤを装着した21インチのエアロスタイルホイールが確認できるが、トレーラーに積まれた米国仕様のプロトタイプはブリジヂストンタイヤが装着されているようだ。

キャビン内では、往来のギアスティックが削除され、小さなスイッチによるシフト操作となる。上部と下部がフラットな多角形ハンドル「ポリゴナル・2スポーク・ステアリングホイール」、直感的なタッチコントロールを可能にする巨大で湾曲したディスプレイなど、次世代を感じさせるコックピットを実現する。

市販型には、第5世代の「eDrive」システムを搭載。最高出力530ps、航続距離640km(400マイル)を可能にする高密度で軽量の80kWhバッテリーパックが積まれる。この強力なパワートレインと、e-AWDシステムにより、0-100km/h加速4秒未満のパフォーマンスを実現すると予想されている。

市販型のワールドプレミアは、2021年前半とみられており、車名は「iX5」が有力候補の1つだという。

BMWの次世代クロスオーバーEV、その全貌が見えてきた…航続640km、車名は「iX5」か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top