欧州市場に殴り込み...ジェネシス G70、シューティングブレーク開発車両をスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

欧州市場に殴り込み...ジェネシス G70、シューティングブレーク開発車両をスクープ!

自動車 新車スクープ
ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
  • ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
  • ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
  • ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
  • ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
  • ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
  • ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
  • ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
  • ジェネシス G70 シューティングブレーク 開発車両 スクープ
韓国ヒュンダイが展開する高級ブランド「ジェネシス」は、主力4ドアセダン、『G70』改良新型を開発中だが、ワゴンタイプの派生モデル「シューティングブレーク」が設定されることがわかった。

初めて捉えたプロトタイプは、Dピラー以降を完全にガード。詳細は不明だが、アーチ型のルーフラインを持つシューティングブレーク/ファストバックスタイルが濃厚だ。

また、ブラック仕上げの5スポークホイールやレッドブレーキキャリパーが確認できるほか、上下に分割されたスプリットライト、及びLEDテールライト、リアウィンドウ上部には細いサードブレーキライト、ワイドなグリルを装備、セダンの「G80」やSUVの「GV80」に触発されたエクステリアが予想されている。

キャビン内では、より大きなディスプレイ、デジタルクラスタ、新しいインフォテイメントシステムが導入されるほか、室内装飾品やトリムオプションも期待できるだろう。

パワートレインでは、現行型に搭載されている2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジンは、2.5リットユニットに変更される可能性が高く、最高出力290hp、最大トルク420Nmを発揮、6速MTトランスミッションは廃止され、8速デDCTと組み合わされるほか、後輪駆動や全輪駆動のレイアウトがセレクト可能になるという。

G70シューティングブレークのワールドプレミアは、2021年前半とみられ、欧州市場でも展開、メルセデスベンツ「Cクラス ステーションワゴン」、BMW「3シリーズ ツーリング」アウディ「A4アバント」らと市場で争うことになる。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top