マツダCX-30、250馬力の2.5ターボ設定の噂...日本市場導入はどうなる!? | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダCX-30、250馬力の2.5ターボ設定の噂...日本市場導入はどうなる!?

自動車 新車スクープ
マツダ CX-30
  • マツダ CX-30
  • マツダ CX-30
  • マツダ CX-30
  • マツダ CX-30
  • マツダ CX-30
  • マツダ CX-30
マツダの新型コンパクト・クロスオーバーSUV、『CX-30』に新たに2.5リットルターボエンジンが設定される可能性が高いことがわかった。

CX-30は、同社の次世代商品ラインアップ第二弾となるSUVで、ジュネーブモーターショー2019にて公開、同年10月から日本市場で発売されるとともに、欧州などでグローバルモデルとして人気を博している。

パワートレインは、『マツダ3』と共有し、最高出力180PSを発揮する2.0リットル直列4気筒「SKYACTIV-G」、1.8リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D」、2.0リットル直列4気筒+マイルドハイブリッドの「SKYACTIV-X」が設定されているが、新たに2.5リットルターボエンジンが「3」に加わったことにより、CX-30への搭載も噂されている。

設定されれば、最高出力250hp、最大トルク434Nmというハイパワーが期待できそうだ。価格は、31,000USドル(約328万円)からと廉価モデルより6,600USドル(約70万円)も高い。さらに、ミディアムグレードは33,400USドル(約354万円)、最上位モデルは35,000USドル(約371万円)と中々の値段設定が予想されている。

エクステリアでは、18インチホイール、ブラックサイドミラーキャップ、大径エキゾーストシステム、そして「ターボ」バッジなどが装着されるだろ。室内では、レザーシート、ヘッドアップディスプレイ、12スピーカーのBoseサウンド・システム、パーキングセンサーなどが装備されるという。

注目は日本市場への導入だが、現段階では確認は取れていないが、ハイパワーモデルは人気もあり、全く期待できないとは言い切れないだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top