日本に来たら驚異だぞ!ヒュンダイ主力セダン『エラントラ』、275馬力の「N」初設定へ | Spyder7(スパイダーセブン)

日本に来たら驚異だぞ!ヒュンダイ主力セダン『エラントラ』、275馬力の「N」初設定へ

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ N 開発車両 スクープ写真
ヒュンダイの主力コンパクトセダン、『エラントラ』にハイスペックモデル「N」が初めて設定されることが濃厚となった。

初代エラントラは、1990年に『ステラ』後継モデルとして登場した息の長いモデルだ。7代目となる現行型は2020年に登場、初のハイブリッドモデルも同時発表されている。そして今度は、「Nライン」続いて高性能「エラントラN」を設定しラインアップの強化を図る。

ニュルブルクリンク近くで捉えた開発車両は、大型の固定リアスポイラーを装着、「エラントラNライン」とは異なる大径の円形デュアルエキゾーストパイプ、レッドブレーキキャリパーを持つ強力なブレーキ、「ヴェロスターN」のホイール、バンパーにはアグレッシブなエッジが見てとれる。さらにより低い車高、スポーティなセットアップを備えるスポーツサスペンションも装備する。

キャビン内では、エラントラNラインと多くを共有するとみられ、ハイクオリティなアルカンターラを多様、スポーツバケットシートなどが標準装備されるだろう。

Nラインでは。1.6リットルのガソリンターボチャージャーを搭載するが、「N」ではより大きな2.0リットルGDIターボユニットが予想され、最高出力は275hp、最大トルク353Nmを発揮する。トランスミッションは6速MT、及び電子制御スリップデファレンシャル付きの8速DCTが提供される。

ヒュンダイは「Nライン」を導入したばかりのため、エラントラNのデビューは、2021年終わりが有力だ。日本市場再導入が噂されるヒュンダイだが、実現すればトヨタ「カローラ」、ホンダ「シビック」などの驚異となりそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top