【動画】砂利道をワイルドに...メルセデスベンツGLC次期型、拡大された実車が走る! | Spyder7(スパイダーセブン)

【動画】砂利道をワイルドに...メルセデスベンツGLC次期型、拡大された実車が走る!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ GLC次期型プロトタイプ スクープ動画
  • メルセデスベンツ GLC次期型プロトタイプ スクープ動画
  • メルセデスベンツ GLC次期型プロトタイプ スクープ動画
  • メルセデスベンツ GLC次期型プロトタイプ スクープ動画
  • メルセデスベンツ GLC次期型プロトタイプ スクープ動画
  • メルセデスベンツ GLC次期型プロトタイプ スクープ動画
  • メルセデスベンツ GLC次期型プロトタイプ スクープ動画
  • メルセデスベンツ GLC次期型プロトタイプ スクープ動画
メルセデスベンツが開発を進める主力クロスオーバーSUV、『GLC』次期型プロトタイプがワインディング・ロードを走行、その様子をビデオが捉えた。

現行型GLCは、2015年に『GLK』後継モデルとして発売、2019年には大幅改良が行われたばかりだが、早くも次期モデルの開発がスタートしている。

捉えたビデオには、ワインディング・ロードを力強く加速する様子や、砂利道をワイルドに走る様子などが撮影されている。

カモフラージュはまだまだ厳重だが、ドア上部のキャラクターラインが削除され、ドアハンドルがかなり低い位置に配置されていることが見てとれる。さらにサイドミラーはAピラーからドア側へ移動されているようだ。水平なボンネットや低いルーフラインも確認できる。

次期型では、アップデートされた最新の「MRA」プラットフォームを採用。ホイールベースは延長され、広いフットプリントを確保、初の3列7人乗りが設定されると予想されている。現行型では、ランドローバー『イヴォーク』やジャガー『E-PACE』より1フィートも短いにも関わらず車重が重かったが、大幅な改善が見られそうだ。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒+マイルドハイブリッドのほか、プラグインハイブリッド、そしてフルEVモデルの設定など電動化が加速すると見られる。

GLC 次期型のワールドプレミアは、2021年終わりか2022年の初頭となりそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top