日産期待のPHEV『キャシュカイ』新型、生産が半年遅れに...原因はやはりアレ | Spyder7(スパイダーセブン)

日産期待のPHEV『キャシュカイ』新型、生産が半年遅れに...原因はやはりアレ

自動車 新車スクープ
日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ スクープ
日産が現在開発を進めるクロスオーバーSUV、『キャシュカイ』次期型の発表が2020年10月から約半年ほど遅れる可能性が高いことがわかった。

ファイナンシャルタイムズによると、明確な時期こそ特定していないが、「キャシュカイ/ローグスポーツ」は2021年夏ごろの登場と予想している。その最大の原因は、やはりコロナウィルスによるパンデミックで、開発が妨げられたほか、会社内における優先順位が変更された模様だ。

しかし、日産はオートカーへの声明にて、「サンダーランドでのキャシュカイ新型に向けた準備は継続されており、同工場へ4億ポンドを投資しています」と語っている。

次期型では、刷新されたVモーショングリルを搭載、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライト、シャープなブーメラン型ヘッドライト、角張ったラインが予想され、『ローグ』や『エクストレイル』新型とフロントマスクのデザインを共有する可能性もありそうだ。

キャビン内では、大型のインフォテイメント・ディスプレイや、インフォテイメントパネル、最新のドライバーアシストシステムの搭載も間違いないだろう。

パワートレインは「e-POWER」を搭載。三菱『アウトランダーPHEV』からプラグインハイブリッド技術の導入も予想され、それに伴いディーゼルエンジンは廃止される可能性もありそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top