日本市場睨み着々と!? ヒュンダイ次世代コンパクトクロスオーバーSUV、開発車両を初スクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

日本市場睨み着々と!? ヒュンダイ次世代コンパクトクロスオーバーSUV、開発車両を初スクープ

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ 新型クロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
ヒュンダイが開発している、全く新しいコンパクト・クロスオーバーSUV開発車両をカメラが初めて捉えた。

現在ヒュンダイには、『i20』をベースとしたSUV、『i20 アクティブ』が存在するが、その後継モデルとなる。アクティブではいくつかのプラスチックパーツ、わずかにリフトアップされれたサスペンションを備えていたが、この新型SUVは、全てを刷新する。

捉えたプロトタイプは、同社にラインアップされる他SUV同様のスプリットヘッドライトを装備、i20とは異なるフロントエンドとなりそうだ。またリアエンドでは、ヒュンダイではあまり見られない、スリムなグラフィックを持つ縦型テールライトの一部も確認できる。

市販型では、プラスチックで覆われたホイールアーチ、リフトアップされたサスペンション、ルーフレール、スキッドプレートなどが装着され仕上げられそうだ。

キャビン内ではi20に似た大型ディスプレイをセンターに配置、デジタルインストルメントクラスタを搭載する。

ワールドプレミアは、2021年以降で、市販型の車名は不明だが、FWDモデルが有力だという。ヒュンダイは続々と新型モデルを開発しており、噂の日本市場再導入の行方が注目される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top