今度はデカイ!メルセデスベンツGLC次期型プロトに大接近... フルEVも設定へ | Spyder7(スパイダーセブン)

今度はデカイ!メルセデスベンツGLC次期型プロトに大接近... フルEVも設定へ

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツのSUVラインアップの主力である『GLC』。その次期型プロトタイプに、カメラが大接近した。

『Cクラス』のSUVバージョンともいえるGLCは、『GLK』の後継モデルとして2015年に登場した。2019年に大幅改良がおこなわれ、まだ新鮮さも失われていない中、すでに次世代モデルの開発が始まっている。

大接近したプロトタイプは厳重なカモフラージュが施されているものの、いくつかの変更点を見つけることができる。

ドア上部のキャラクターラインが削除され、ドアハンドルがかなり低い位置に配置されていることが見てとれる。さらにサイドミラーはAピラーからドア側へ移動されているようだ。水平なボンネットや低いルーフラインも確認でき、ヘッドライトとテールライトはプレースホルダー(ダミー)で、今後着手されるだろう。


コードネーム「X254」と呼ばれる次期型では、アップデートされた最新の「MRA」プラットフォームを採用。ホイールベースは延長され、広いフットプリントを確保、初の3列7人乗りが設定される可能性が高い。現行型では、ランドローバー『イヴォーク』やジャガー『E-PACE』より1フィートも短いにも関わらず車重が重かったが、大幅な改善が見られそうだ。

キャビン内を撮影することができなかったが、Cクラス次期型同様に最新のMBUXインフォテイメントシステムを備える大型スクリーンの搭載が予想される。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒+マイルドハイブリッドのほか、プラグインハイブリッド、そしてフルEVモデルの設定など電動化が加速すると見られる。

GLC 次期型のワールドプレミアは、2021年終わりか2022年の初頭となりそうだ。

メルセデスベンツ GLC 次期型プロトタイプに大接近!何が変わる?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top