ポルシェ パナメーラの頂点、680馬力の『TurboS E-Hybrid』改良新型、ニュル暴走! | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ パナメーラの頂点、680馬力の『TurboS E-Hybrid』改良新型、ニュル暴走!

自動車 新車スクープ
ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェ『パナメーラ スポーツツーリスモ』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。スポーツツーリスモは、2016年に登場した現行パナメーラ(971型)に初めて設定されたシューティングブレークで、これが初の大幅改良となる。

ニュルブルクリンクで撮影されたプロトタイプは、フロントバンパーのコーナーエアインテークに2本のLEDデイタイムランニングライトが装備されているが、これはフェイクだ。市販型ではより洗練されたデザインが期待できるだろう。またリアエンドでは、バンパーをリフレッシュ、テールライトは若干スリムに修正される可能性がある。

またボディ左に充電口があることから、プラグインハイブリッドであることがわかる。アシッドグリーンのブレーキキャリパーを装着している点からも現行ラインアップの最強モデル「ターボS E-ハイブリッド」の可能性が高い。

キャビン内では、大きな改良はなさそうだが、ギアセレクタが『911』と同様のコンパクトなユニットに置き換えられると思われる。

現行パナメーラのパワートレインは、最高出力330psを発揮する2.9リットルV型6気筒ターボのベースモデル、同440psを発揮する2.9リットルV型6気筒ターボの「4S」、同460psを発揮する4.0リットルV型8気筒ターボの「GTS」、同550psの4.0リットルV型8気筒ターボ搭載の「ターボ」をラインアップ。

また「E-ハイブリッド」では2.9リットルV型6気筒とモーターにより最高出力462psを発揮するほか、頂点の「ターボS E-ハイブリッド」では680psを発揮する。おそらく、これらはキャリオーバーされる可能性が高い。

改良新型のデビューは数か月以内とみられるが、コロナウイルスの影響でオンラインデビューとなりそうだ。 

ポルシェ パナメーラ 改良新型がニュルを爆走…680馬力の「ターボS E-ハイブリッド」

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top