BMW『M3ツーリング』、米国市場投入の申請を開始!市販型プロトタイプを鮮明にスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW『M3ツーリング』、米国市場投入の申請を開始!市販型プロトタイプを鮮明にスクープ

自動車 新車スクープ
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ スクープ写真
BMWは、主力モデル『3シリーズ』のハードコアモデルとなる『M3』に初めて設定される最強ワゴン、『M3ツーリング』を米国市場へ投入する申請を開始したことがわかった。

米国市場では、ワゴンの顧客がSUVへシフトし、その市場が縮小されている。BMWでは、4代目「E46」で3シリーズ ツーリングの米国導入が中止、その後6代目「F30」型で復活を果たしたが、M3初となるツーリングの米国導入の可能性は低いと見られていた。

これまででもっとも鮮明に捉えたプロトタイプは、はじめてウィンカーが点滅、ティザーイメージで見せたワイドなリアフェンダーを装備するほか、分厚いディフューザー、サイドスカート、ゴールドのブレーキキャリパー、ビニールカモフラージュされた大径クワッドエキゾーストシステムなどが見てとれる。

またフロントエンドにはM3セダン次期型と同じノーズ、バンパーまで広がるメガ・キドニーグリルやフードバルジが組み込まれいる。そして二分割されたコーナーエアインテーク、ブレーキ冷却用のコンパクトな垂直スリットもM3セダンと同様だ。

M3セダン(および兄弟車のM4クーペ)のパワートレインは、最高出力480hpを発揮する3.0リットル直列6気筒ツインターボ「S58」エンジンを搭載。6速MT、または「Drivelogic」を搭載した8速「Mステップトロニック」と組み合わせる。また、より強力な「コンペティション」では、最高出力510hpを発揮、Mステップトロニックのみ提供される。

M3セダンでは、まず後輪駆動モデルを発売し、遅れて四輪駆動「M xDrive」が初設定される。M3ツーリングのドライブトレインの可能性はまだ明確ではないが、両方のセットアップを提供する可能性は十分にあるだろう。

M3ツーリングの開発は初期段階で、デビューは早くとも2022年内と予想されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top