ルマン24時間、トヨタ GRスーパースポーツが進化して登場! | Spyder7(スパイダーセブン)

ルマン24時間、トヨタ GRスーパースポーツが進化して登場!

自動車 ニューモデル
トヨタ自動車/トヨタGAZOOレーシングは、WEC参戦で培った技術をフィードバックしたロード・ゴーイング・カー、『GRスーパースポーツ』を開発中だ。その開発中の1台が、ルマン24時間耐久レースが開催されているフランス、サルト・サーキットに登場した。

9月19日、レーススタート前の優勝トロフィ返還式に、前回優勝のトヨタGAZOOレーシングチームはGRスーパースポーツに乗って登場し、さらにデモ走行を行なった。

GRスーパースポーツは、コンセプトモデルが2018年1月の東京オートサロン2018で初めて披露された。乗車定員は2名、V6ツインターボエンジンとレース用のハイブリッドシステムTHS-Rを搭載していた。

2020年のモデルは、GRモデルの先行発表でお馴染みなった赤・黒・白のカムフラージュが施されている。2018年仕様と大きく異なる点は、ルーフのないロードスターであること。また詳細は発表されていないが、写真のキャプションには「プロトタイプ」と書かれていないこと。つまり、カムフラージュがなければそのまま市販仕様か。だとしたら、ノーズのトヨタマークのあるべきところもカムフラージュ柄で覆われているのは、なにか意味があるのか。

トヨタ GRスーパースポーツ、進化して出現…ルマン24時間サーキット

《高木啓@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top