ランボグリーンが眩しい!アウディ高性能コンパクトセダン『RS3』次期型、露出多めでニュル爆走 | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボグリーンが眩しい!アウディ高性能コンパクトセダン『RS3』次期型、露出多めでニュル爆走

自動車 新車スクープ
アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
アウディのコンパクトサルーン『A3セダン』の頂点に君臨する、『RS3セダン』次期型プロトタイプがニュルで高速テストを開始。その様子をスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

これまでで最もカモフラージュが軽い状態で捉えたプロトタイプは、ボディの偽装を落とし、「ランボグリーン」のボディパネルが初めて露出。刷新されたキャラクターラインが見てとれる。またリアウォーターウィンドウのアウトラインも確認できる状態だ。

フロントエンドには、メッシュのワイドグリル、立体的な大口のコーナーエアインテークを装備。またベースとなるA3セダンのフェンダーをフレア加工し、ワイドなホイールアーチが確認できる。その他、より際立ったサイドスカート、ディフューザーとオーバルエキゾーストパイプを組み込んだリアバンパー、トランクリッドスポイラーなども確認できる。


さらにフロントとリアのトラックはベースとなるA3セダンより広く、走行性能にも大きく寄与するだろう。

インテリアは、レザー、アルカンターラをミックスしたタイトなフロントシート、ドアカード、ステアリングホイール、カーボンファイバートリムを装備。インフォテイメントシステム、デジタルダイヤルのアップグレードがなされる。

パワートレインは、2.5リットル直列5気筒TFSIターボエンジンを搭載。デュアルクラッチオートマチックトランスミッション、全輪駆動のクワトロを組み合わせる。最高出力は、ライバルのメルセデスAMG『CLA45』を追い詰める420hpを発揮するが、パフォーマンスバージョンでは最大450hpも期待きそうだ。

RS3セダンの公開は2020年内、あるいは2021年初頭と予想されている。

ランボグリーンが眩しい!アウディ RS3セダン 次期型プロト、限界露出でニュル爆走

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top