スーパーサルーン、アルピナ『B8グランクーペ』市販型プロトがニュルで高速テストを開始! | Spyder7(スパイダーセブン)

スーパーサルーン、アルピナ『B8グランクーペ』市販型プロトがニュルで高速テストを開始!

自動車 新車スクープ
アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
アルピナが開発を進めるスーパー4ドアクーペ『B8グランクーペ』がニュルブルクリンクで高速テストを開始、その実力が披露された。

「B8グランクーペ」は、BMW『M850i グランクーペ』をベースにアルピナが仕上げたラグジュアリーな高性能モデルだ。ベースモデルと比べるとフロントとリアバンパーが変更、アグレッシブなリアディフューザーが見てとれる。さらに専用のクワッドエキゾーストパイプとマルチスポークアロイホイールを装備している。

エンブレムはBMWのままだが、「M850i」と「xDrive」のバッジは外されているようだ。


またエクステリアに加え、すべてのアルピナモデル同様に独自のサスペンションセットアップとブレーキ、及びトリムを装着するだろう。

パワートレインは、4.4リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンを流用。ベースモデルでは最高出力は530hp、最大トルク750Nmを発揮するが、アルピナ版では最高出力621hp(約630ps)以上、最大トルク800Nmへと向上する。

B8グランクーペのデビューは2021年前半と予想されている。

アルピナ B8グランクーペ、プロトタイプがニュルで高速テストを開始!

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top