10月21日デビュー決定!日産新型SUV『マグナイト』、全長4m以下のBセグモデル | Spyder7(スパイダーセブン)

10月21日デビュー決定!日産新型SUV『マグナイト』、全長4m以下のBセグモデル

自動車 ニューモデル
日産 マグナイト ティザーイメージ
  • 日産 マグナイト ティザーイメージ
  • 日産 マグナイト ティザーイメージ
  • 日産 マグナイト ティザーイメージ
  • 日産 マグナイト ティザーイメージ
  • 日産 マグナイト ティザーイメージ
  • 日産 マグナイト ティザーイメージ
  • 日産 マグナイト ティザーイメージ
  • 日産 マグナイト ティザーイメージ
日産は、新型のクロスオーバーSUV『マグナイト』市販型を10月21日にワールドプレミアすることを発表、ティザーイメージが公開された。

日産インドのマネージングディレクター、Rakesh Srivastava氏は、「スタイリッシュなデザインと、強力でダイナミックなロードプレゼンスを備え、将来に向けた機能豊かなプレミアムモデルです。また全長4m以下のBセグメントカテゴリを再定義することを確信しています」と述べている。

プロトタイプでは、フロントグリル、バンパー、ヘッドライト、テールライトなど重要なスタイリング要素をカモフラージュしているが、コンセプトより頑丈バンパーに変更されている様子が伺える。

さらにデュアルトーンの塗装、「フローティングルーフ」効果のための黒いピラー、シルバーのルーフレールも確認できる。

キャビン内では、接続されたテクノロジー、360度カメラ、クルーズコントロール、多機能ステアリングホイールへのアクセスを可能にする8.0インチタッチスクリーンなどの搭載が期待されている。

日産はパワートレインを明らかにしていないが、マグナイトがルノー『トライバー』と「CMF-A」プラットフォームを共有していることを考えると、パワートレインは、最高出力72hpを発揮する1.0リットル直列3気筒自然吸気ガソリンエンジン、最高出力95hpを発揮する1.0リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンなど、トライバーと同様のパワートレインが予想される。

市販型は、日本で設計、生産はインドで行われ、2021年初頭にはインドのディーラーに到着する予定だという。またインドを皮切りにグローバル展開も期待されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top