[動画]アウディ『e-tron GT』にデジタル走行サウンド搭載へ!EVカー新時代 | Spyder7(スパイダーセブン)

[動画]アウディ『e-tron GT』にデジタル走行サウンド搭載へ!EVカー新時代

自動車 テクノロジー
アウディ e-tron GT のプロトタイプ
  • アウディ e-tron GT のプロトタイプ
  • アウディ e-tron GT のプロトタイプ
  • アウディ e-tron GT のプロトタイプ
  • アウディ e-tron GT のプロトタイプ
  • アウディ e-tron GT のプロトタイプ
  • アウディ e-tron GT のプロトタイプ
  • アウディ e-tron GT のプロトタイプ
  • アウディ e-tron GT のプロトタイプ
アウディは10月8日、現在開発を進めている新型EVスポーツカーの『e-tron GT』(Audi e-tron GT)に、デジタル走行サウンドシステム、「e-sound」を搭載すると発表した。

アウディのすべての車は、モデルごとに、ブランドにふさわしい、バランスの取れたサウンドを車外に向けて発生する。EVスポーツカーのe-tron GTでは、アウディのエンジニアのルドルフ・ハルブマイヤーとステファン・ジゼルの両氏が中心となり、デジタル走行サウンドのe-soundを開発している。

◆バイオリンやギターなどあらゆる楽器をテスト

アウディのサウンドデザイナーのルドルフ・ハルブマイヤー氏によると、車の音は音楽と多くの共通点があるという。彼は、余暇に曲を書き、プライベートレコーディングスタジオで、すべての楽器を自ら演奏するという熱心なミュージシャンでもある。

ルドルフ・ハルブマイヤー氏は、e tron GTのサウンドの基礎を見出すために、バイオリンからエレキギター、オーストラリアの管楽器のディジュリドゥまで、あらゆる種類の楽器を試した。しかし、それらのどれも、e tron GTのサウンドには相応しくなかったという。

そこで彼は、庭に横たわっているプラスチック製パイプに目を付けた。このプラスチック製パイプは、長さ3m、太さ80mm。彼はパイプの片側に扇風機を取り付け、パイプの反対側で音を聞いた。この時、聞いた深いうなり音が、e tron GTのサウンドの基礎になっているという。

その後、アウディサウンドラボとオフィスのコンピュータを使用して、エンジニアリング作業が行われた。アウディのサウンドデザイナーのチームは、作曲に使うソフトウェアにヒントを得て、プログラムを独自に開発した。このプログラムを使って、周波数を解析し、32音の微妙にバランスの取れたサンプルを作り出した。これらには、シンセサイザーサウンドなどが含まれているという。

◆ドライブシステムの働きをリアルに伝える音が目標

サウンドの開発作業の大部分は、実車のプロトタイプの車内で行われた。車両の動き、風やタイヤのノイズ、他の車両の音など、実際の走行環境の中で、開発を進める必要があるためだ。

e tron GTのデジタル走行サウンドの開発では、電気モーターの回転速度、負荷、車速、ドライブマネジメントによって提供されるパラメーターに関するデータをベースとした。車両が低速で走行している時、デジタル走行サウンドは目立たず、速度が上がるにつれて、より豊かでダイナミックな音に変化する。アウディによると、人工サウンドではあるものの、ドライブシステムの働きをリアルに伝えることを目指したという。

アウディのエンジニアは、e tron GTの開発段階で130人の顧客を招き、デジタル走行サウンドの開発に取り組んだ。顧客はカーテン越しに、走行するプロトタイプ車両から発生する音を評価し、開発作業に貴重な情報をもたらしたという。

ルドルフ・ハルブマイヤー氏は、e tron GTのデジタル走行サウンドについて、「SF映画から内燃機関や宇宙船を模倣することは意図的に避けた」と話す。その代わりに、スポーティで広がりのある洗練されたサウンドを狙った。これは、クリアで独特なサウンドでもあり、おなじみのサウンドパターンに、新しい未来的な要素を組み合わせたものだ。アウディの音は、モーターやエンジンのサウンドだけではなく、スポーティさ、洗練さ、進歩的なキャラクターの音響表現になるという。

◆刺激的なサウンドを発する「サウンドパッケージ」

e-tron GTの顧客は、e-soundを聞きたいかどうか、どのように聞きたいか、を自分で決めることができる。e-tron GTには、「AVAS(音響車両警報システム)」と呼ばれる低速走行時の警告音が標準装備される。この警告音は、車両のフロント部分に設置されたスピーカーから発せられる。この警告音は、欧州では20km/h から、北米では32km/hから、徐々に静かになり、60km/hに達すると聞こえなくなる。

オプションの「サウンドパッケージ」は、刺激的なサウンド体験を提供する。ラゲッジコンパートメントに配置された2つのコントロールユニットとアンプが、迫力のサウンドを生み出す。システムは、車体外側のフロントスピーカー、車両内部のリアドア部分のスピーカーで構成される。大型のため、65Hzまでの周波数を正確に再現できるという。

ダイナミックハンドリングシステムの「アウディドライブセレクト」では、e-soundをドライバーの好みに応じて設定できる。エフィシエンシーモードでは、AVAS警告音のみが作動する。コンフォートモードでは、車体外側のリアスピーカーが機能し、最高速の領域まで洗練されたサウンドを届ける。ダイナミックモードでは、車体前後のスピーカーの音が大きくなり、室内のスピーカーのサウンドも追加される、としている。

EVスポーツカーに相応しい音を…アウディ『e-tron GT』にデジタル走行サウンド[動画]

《森脇稔@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top