市販型メガ・グリル初露出...BMW 4シリーズ新型、ラグジュアリーな「グランクーペ」発売へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

市販型メガ・グリル初露出...BMW 4シリーズ新型、ラグジュアリーな「グランクーペ」発売へ!

自動車 新車スクープ
BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 市販型プロトタイプ スクープ写真
BMWは、「4シリーズ」新型に続いて派生オープン『4シリーズ カブリオレ』を発表したばかりだが、新たに『グランクーペ』の発売が確定となった。

グランクーペは、2ドアの4シリーズ・クーペに対し、4ドアのラグジュアリー版となる。

5月にはニュルブルクリンク高速テストの様子を捉えていたが、最新のプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが軽く、メガ・キドニーグリルがはじめて露出、コーナーエアインテークの形状もうっすらと浮かび上がっている。

グランクーペでは、リアへ流れる長いルーフと2枚のドアにより、Aピラー後方に大きな違いが見られる。プロトタイプからは、上向きにスイープするベルトライン、i4を反映するフラッシュマウントドアハンドルも確認できる。またスタイリッシュなテールライト、スポーティなデュアルエキゾーストシステムなどクーペと共有するが、実用性の高いリフトゲートで差別化される。

キャビン内では、最新の3シリーズと同じレイアウトが予想され、12.3インチのデジタルクラスタ、10.25インチのインフォテイメントシステムなどを搭載するだろう。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジン、最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン、最高出力388ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンのほか、プラグインハイブリッドも予想され、直6モデルは、0-100km/h加速が5秒以内と思われる。

これまでのレポートでは、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載する『M4グランクーペ』の初設定が噂されており、登場すれば、最高出力500ps以上、最大トルク598Nmのパフォーマンスが期待できそうだ。またさらなる強化モデル「コンペティション」も予想される。

4シリーズ グランクーペの登場は最速で2020年内だが、2021年初頭が有力と言えそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top