300SLのDNA継承...メルセデス AMG63SL市販型、最新プロトタイプに変化! | Spyder7(スパイダーセブン)

300SLのDNA継承...メルセデス AMG63SL市販型、最新プロトタイプに変化!

自動車 新車スクープ
メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツが開発を進めていると見られる高級2ドアオープンカー、『SL』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

現行型SLは2012年に発売、2016年に大幅改良が行われたが、発売から8年が経過し、同ブランドのラインアップでもっとも伸び悩んでいるモデルの1つと言われている。

これまでSLはメルセデスベンツブランドから発売されるSLと、高性能モデル「AMG SL」が設定されていたが、次期型では『AMG GT』同様にAMG専用モデルとして発売されることが濃厚となっている。

ダイムラーデザイン部門のボス、ゴードン・ワグナー氏はメディアへのインタビューで「プロポーション、表面処理面から300SLのDNAを継承する」と発言、ルーフはハードトップからファブリックルーフに変更されるなど、SLにとって大きな転換期となりそうだ。


捉えた最新プロトタイプは、ルーフをハードトップ風にカモフラージュしているほか、フロントに5つのデュアルスポーク、リアに5つのシングルスポークがデザインされた異なるホイールを装着するなど、これまでのプロトタイプから変化が見られる。また四角形のクワッドエキゾーストパイプをインストールしていることから「AMG SL63」開発車両と思われる。

第2世代のAMG GTと同時に設計され、プラットフォーム、車軸アセンブリ、サスペンション、ステアリングシステム、48V電気アーキテクチャ、ハイブリッドパワートレインを共有すると見られる。

パワートレインは、3.0リットルV型6気筒エンジンを搭載、最高出力429psを発揮するAMG SL43、最高出力515psを発揮する4.0リットルV型8気筒を搭載するAMG SL63、最高出力604psを発揮するV8ツインターボ搭載のAMG SL63S、頂点には最高出力800psを発揮する4.0リットルV型8気筒+電気モーターを搭載するAMG SL73などのラインアップが予想されている。

300SLのDNAを継承…メルセデスベンツ SL 次期型、AMG専用モデルとして開発か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top