テールライト初点灯...アウディQ4 e-tornスポーツバック市販型、スチールホイール装着車を目撃! | Spyder7(スパイダーセブン)

テールライト初点灯...アウディQ4 e-tornスポーツバック市販型、スチールホイール装着車を目撃!

自動車 新車スクープ
アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q4 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
アウディのミドルサイズ電動クロスオーバー・クーペSUV、「Q4 e-tron スポーツバック」市販型、最新のプロトタイプをカメラが捉えた。

スポーツバックは「Q4 e-tron」のクーペ版となるスポーツモデルだ。捉えたテスト車両は、コーナーエアインテークのデザインがより鮮明に露出、LEDヘッドライトが強い光を放っている。またLEDテールライトは初めて点灯、これまでと異なるベーシックなスチールホイールが見られるが、おそらく、冬用タイヤを装着しているのだろう。

Q4 e-tron、及びスポーツバックには、3つのバッテリーと5つの出力が提供される。ベースはRWDと予想され、55kWhのバッテリーを搭載、リアのシングルモーターにより最高出力148psを発揮する。また上位モデルでは、AWDクワトロを採用、デュアルモーターを搭載し、82kWhのバッテリーにより最高出力306psを発揮。航続距離は510km(317マイル)と予想される。

Q4 e-tronのデビューは2020年内、スポーツバックは2021年で、共にドイツのツヴィッカウ工場でVW ID.4と一緒に生産予定だ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top