スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!

自動車 新車スクープ
スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
  • スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
  • スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
  • スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
  • スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
  • スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
  • スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
  • スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
  • スズキ次世代スーパーEVを提案、その名は『IKIGAI』(生きがい)...車内はまるで宇宙船だ!
先日、マセラティ『グランツーリズモ タルガ』を提供してくれたデザイナーのSmuele Errico Piccarini氏が、スズキの次世代エレクトリックスーパースポーツの予想CGを提供してくれた。

考えれば、スズキは本格クロカン『ジムニー』以外目立ったモデルが存在しない。そこで同氏が提案をした形だ。

「IKIGAI」(生きがい)と名付けられた予想CGは、シューティングブレークのようなボディシルエットをした、ハイライディング・2ドアモデルに仕上げられた。フロントエンドでは、半透明のボンネットフード、薄いLEDライトバーを装備、グリルはないが、これは床にバッテリーパックを備える電動パワートレインを装備しているからだ。また巨大なホイール、電子ミラーを装着し、サイドには、大きくえぐられたエアアウトレット、リアエンドには、LEDストリップテールライト、極薄縦型ブレーキランプ、アクティブリアスポイラー、ディフューザー、ダブルバブルルーフなど超未来的デザインが特徴となっている。

キャビン内は、全体を包み込むデジタルダッシュボードを完備、デジタルディスプレイを備えるレースカー風ステアリングホイール、床に直接つけられたシートなど、まるで宇宙船のような空間デザインが確認できる。

もちろん、このモデルはスズキ公認でなく、あくまでもSmuele Errico Piccarini氏の作品に過ぎないが、実写を見たくなる1台といえる。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top