スクープ撮...ジープ コンパス改良新型、巨大インフォテインメントシステム搭載が決定! | Spyder7(スパイダーセブン)

スクープ撮...ジープ コンパス改良新型、巨大インフォテインメントシステム搭載が決定!

自動車 新車スクープ
ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ コンパス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
ジープのコンパクト・クロスオーバーSUV『コンパス』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

コンパスは2006年に初代が登場。2代目は、『パトリオット』と統合する形で2016年のロサンゼルスモーターショーで初公開され、翌2017年から日本でも販売されている。コンパクトながら本格クロカン譲りの4WD性能が大きな特徴だ。


捉えたプロトタイプは、ボディ全体をがっつりとカモフラージュ、デザインが大刷新されることを匂わせる。フロントエンドでは、ジープの「顔」となっている7スロットグリルはほとんど変更されていない様子だが、ヘッドライト、バンパー、ミッドインテーク、フォグランプ、ディフューザーなどが新設計される。またリアエンドでは、テールライトとバンパーが改良されるだろう。

窓越しに捉えたキャビン内には、金属フレームを備える巨大なタブレットスタイルのインフォテインメントシステムを確認。詳細は不明だが現行型の8.4インチより大型なのは確実だ。さらにリフレッシュされたインストルメントパネルフード、新しいステアリングホイールなども確認できる。


北米仕様のパワートレインは、最高出力182ps、最大トルク237Nmを発揮する2.4リットル直列4気筒エンジンがキャリオーバーされる見込みで、欧州仕様では、EV走行だけで50kmを走るプラグインハイブリッドも設定される。現行型では6つのトリムレベル、3つのトランスミッション、約10のエクステリアカラーが設定されているが、改良新型でも引き続き採用されるだろう。

日本では現在、175psの2.4リットルを搭載する3グレードを展開しているが、PHEVの導入はあるか。

コンパス改良新型のワールドプレミアは2021年内と予想される。

ジープ コンパス 改良新型はデザイン大刷新!? 巨大インフォテインメントシステム搭載も

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top