トヨタ ハリアー 新型試乗!ハリアーらしい走りならハイブリッド…まるも亜希子 | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ ハリアー 新型試乗!ハリアーらしい走りならハイブリッド…まるも亜希子

自動車 ニューモデル
トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
  • トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
  • トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
  • トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
  • トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
  • トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
  • トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
  • トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
  • トヨタ ハリアー 新型(写真はハイブリッド)
子どもの頃に、タキシードを着たライオンが颯爽と『ハリアー』で走り去っていくCMを見た人たちが、ちょうど購買層ド真ん中の大人になっているタイミングに、再び颯爽と登場した新型ハリアー。ラグジュアリーSUVの先駆けとして、前衛的なデザインといい、充実した装備といい、文句なしに魅力的な内容となっている。

ガソリンとハイブリッドがあり、それぞれFFと4WDを設定するが、ガソリンにはオフロード走行にも頼もしい、前輪と後輪の駆動力を状況に応じて適宜配分してくれる「ダイナミックコントロールAWD」を搭載。ハイブリッドには、後輪をモーターで駆動するタイプの「E-Four」で、雪道でのスリップを防ぐなど安心感を高めてくれる4WDを搭載して、あえてキャラクターを分けている印象だ。

◆ガソリンとハイブリッド、走りの違いは?

試乗したのはまずガソリンの2WD。すでに『RAV4』でその良さを実感している2.0リットル直4ダイナミックフォースエンジンは、やはり出足からなめらかで上質感があり、アクセル操作に対してダイレクトに加速する気持ちのいい走り。

ややハンドル操作が過敏かな、という印象はあるものの、カーブの進入からスッと向きを変えてくれるスポーティ感は、もはやSUVというよりスポーツセダンに近いものだ。18インチタイヤの乗り心地も上々で、高速道路では伸びやかな加速が味わえた。

次にハイブリッドに乗り換えると、こちらは2.5リットルダイナミックフォースエンジン+モーターによる、湧き上がるようなパワーが低速から手に入る。静粛性がアップすることもあり、上質感もさらに上回っている。

ガソリンモデルに対する重量増は、挙動の機敏さを損なうものではなく、逆に重厚でしっとりとした乗り味を与えていると感じた。ハイブリッドの方がラグジュアリーSUVとしてのキャラクターに合っていて、ハリアーらしいと感じさせてくれる。

◆贅沢なファミリーカーとしても大活躍してくれそう

グレード選びでは、安全装備から快適装備までほぼフルにつくのは「Z」からになるが、T-Connectナビや予防安全技術のリヤクロストラフィックオートブレーキなど数個の装備を除けば、「Z」とほぼ同等の装備が揃うのが「G」。オプションで「T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム」をつけても価格は「Z」より抑えられるのでオススメだ。

都会的なイメージの割に室内の収納スペースが多く、ラゲッジもしっかりフラットになるなど、使い勝手も優秀なハリアー。きっと、とびきり贅沢なファミリーカーとしても大活躍してくれそうだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

まるも亜希子/カーライフ・ジャーナリスト
映画声優、自動車雑誌『ティーポ(Tipo)』編集者を経て、カーライフ・ジャーナリストとして独立。 現在は雑誌、ウェブサイト、ラジオ、トークショーなどに出演・寄稿する他、セーフティ&エコドライブのインストラクターも務める。04年・05年にはサハラ砂漠ラリーに参戦、完走。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。

【トヨタ ハリアー 新型試乗】ハリアーらしい走りならハイブリッド…まるも亜希子

《まるも亜希子@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top