ステアリングホイールが光る!BMW旗艦EVクロスオーバーSUV『iNXET』、いよいよ11月10日初公開へ | Spyder7(スパイダーセブン)

ステアリングホイールが光る!BMW旗艦EVクロスオーバーSUV『iNXET』、いよいよ11月10日初公開へ

自動車 新車スクープ
BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW iNEXT i5 市販型プロトタイプ スクープ写真
BMWは、フラッグシップ・EVクロスオーバーSUV『iNEXT』(またはi5)市販型を11月10日に初公開予定だが、市販型コックピットの撮影に成功した。

これまでにも車内を撮影していたが、ダミーコンポーネントも多く、これが最終デザインとなる。そこには、巨大な湾曲したLEDディスプレイが支配するダッシュボードを確認できる。

ワイドなデジタルダッシュボードには、インストルメントクラスタとセンターのインフォテイメントスクリーンが組み込まれている。なんといっても注目は、LEDライトバーを備える六角型ステアリングホイールだろう。赤い光を放つその「ポリゴナル・2スポーク・ステアリングホイール」は、自動運転と手動運転を切り替えられるiNEXTに最適な形状を目指し開発されている。

エクステリアは公開直前にも関わらず、厳重なカモフラージュでディティールは依然不明だが、往来の動力モデルとは異なるクラムシェルボンネット、テールゲート、そしてフレームレスサイドウィンドウを備えていることがわかる。また大型のクローズドグリルは、車両の「目」として機能、レベル3の半自動運転テクノロジー用のセンサーを収容しているほか、その下には深くワイドなリップスポイラーが見てとれる。

市販型では、「iNEXT」のほか、「i5」の車名が有力で、価格は1千万円を超えると予想されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top