日本版とは異なるデザイン...トヨタC-HR GRスポーツ、欧州バージョン世界初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

日本版とは異なるデザイン...トヨタC-HR GRスポーツ、欧州バージョン世界初公開!

自動車 ニューモデル
トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
  • トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
  • トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
  • トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
  • トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
  • トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
  • トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
  • トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
  • トヨタ C-HR GRスポーツ 欧州バージョン
トヨタは2016年に『C-HR』を発表、その後2019年秋に『C-HR GRスポーツ』を追加設定したが、この度、同モデル欧州バージョンがついに世界初公開となった。

そのパワートレインは、1.8リットル、及び2.0リットルのハイブリッドだが、サスペンションを強化、アンチロールバーを継承し、ボディのロールとピッチコントロールを改善、GRスポーツ専用タイヤの装着するほか、より大きな減衰力を備えたショックアブソーバーにより走行性能が格段と向上している。

日本版と比較するとエクステリアに若干変更が加えられている。フロントエンドでは、威圧感のあるスクエア型グリルが台形へ、コーナーエアインテークはフォグランプを下部へ移動し、よりスリムなデザインが採用されている。またリアエンドでは、バンパーに金属トリムが追加されている。

足回りには19インチアルミホイール、ボディカラーはツートンカラーのみで、GRスポーツのみ使用可能な、ブラックルーフの新しいアッシュグレーシェードを含む全8色からセレクトできる。

キャビン内では、アルカンターラの室内装飾品や、穴あきレザーステアリングホイール、「GR」ロゴ、ステッチなどを配置。さらにヒーター付きフロントシート、LEDヘッドライト、プライバシーウィンドウ、電動ミラーが標準装備されるほか、AndroidAutoとAppleCarPlayがサポートされる。またオプションでは9スピーカーを備えるJBLサウンドシステムが用意されているのも嬉しい。

発売次期は未定だが、欧州市場では、フォード『プーマST』あたりがライバルとなりそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top